医療経営ナビに関する最新情報をご提供いたします。

医療経営ナビ


お問い合わせ・お申し込み サイトマップ

京都四条烏丸の交通至便な税理士事務所 アイネックス株式会社・川端会計事務所

健診は診療所、指導は病院が中心 (提供:MMPG)

特定健康診査・特定保健指導の実施機関として届け出ている事業者は9月時点での調査と比較して倍増していることが厚生労働省のまとめで分かった。12月25日時点で特定健診実施施設として4,196施設、特定保健指導実施施設として1,851施設、それぞれが届け出ている。9月時点では特定健診施設が1,597件、特定保健指導機関が993件の届け出であったため、前回に比べ、特定健診で2.6倍、特定保健指導で1.9倍の施設数になった。このうち、特定健診機関として届け出ているのは病院1,145施設、診療所2,322施設、株式会社1施設、その他703施設と診療所が全体の55%を占めた。一方、特定保健指導機関の内訳は、病院746施設、診療所691施設、株式会社59施設、その他355施設と病院が約4割を占めている。
特定健診実施機関に実施日時を聞いたところ、「平日午前」は9割の施設が実施と回答した一方で、「平日午後」は7割程度の施設へと減少し、平日の午前中が最も実施割合が高いことが分かった。また、「土曜日午前」は8割ほどが実施するとともに、「平日夜間」と回答した施設も1割程度あった。

また、健診を施設内で実施するか巡回型で実施するかの違いについては、9割は施設でのみ実施するが施設と巡回の両方で実施する施設も1割あった。
さらに、実施可能な年間件数は、500件以下が最も多く34.9%、続いて501~1,000件、1,001~2,000件となっているが、5,001件以上と回答した施設も15.7%あった。
 一方、特定保健指導の実施時間帯などでは、病院が多いことから「平日午後」と回答している施設が8割程度と最も多く、続いて「平日午前」が8割弱で、「土曜日午前」が6割になっている。

医療経営ナビトップ > トピックス > 健診は診療所、指導は病院が中心 (提供:MMPG)

このページの先頭へ戻る