医院新規開業に際し、最大の問題となるお金(資金調達)に関する情報をご提供いたします。

医療経営ナビ


お問い合わせ・お申し込み サイトマップ

京都四条烏丸の交通至便な税理士事務所 アイネックス株式会社・川端会計事務所

  • 立地、物件の選定
  • 資金調達の方法
  • 人材の採用・教育
  • プロモーションの方法
  • その他

個人診療所の開業資金は?

テナント開業の場合(下記はあくまで目安であり、地域、規模により異なります。)

内装工事 1,200万円
(坪単価/40万円×30坪)
保証金 300万円
医療機器 1,500万円
レセプトコンピュータ 200万円
その他 50万円
医師会入会金 400万円
広告宣伝費 100万円
運転資金 1,500万円
(薬品代、人件費その他3カ月分)
生活資金 150万円
その他 100万円
5,000万円

資金の調達方法は?

借入金の選択基準

  • 金利・・・固定金利、変動金利
  • 返済方法・・・元利均等返済、元金均等返済
  • 返済期間
  • 担保の内容等

※借入金の選定は税理士等の中立的な専門家に事前相談されるのがよいでしょう。

リースのメリット・デメリット

メリット デメリット
  • 経費把握が容易
    • リース料は毎月一定
  • 事務の省力化
    • 減価償却不要、償却資産税申告不要、保険料の計算不要
  • 借入簡単
    • 担保、保証人不要
  • 原則として中途解約不可
  • 借入に比べて割高
  • 新規開業の場合には資金繰り悪化をもたらす可能性も

※従って、リース導入に関しては資金繰りを慎重に吟味し、安易にリースに走り過ぎないことが必要です。

[an error occurred while processing this directive]

お問い合わせ・お申し込み

MyKomon クリニック経営に役立つ情報が満載!

MMPGについて

このページの先頭へ戻る

国民生活金融金庫 社会福祉・医療事業団