医院新規開業に際し、開業の形態・立地の選定・医療モールなどの情報をご提供いたします。

医療経営ナビ


お問い合わせ・お申し込み サイトマップ

京都四条烏丸の交通至便な税理士事務所 アイネックス株式会社・川端会計事務所

  • 立地、物件の選定
  • 資金調達の方法
  • 人材の採用・教育
  • プロモーションの方法
  • その他

自宅兼用とテナントの特徴

  自宅兼用 テナント
トレンド 減少 増加
職住の分離度 低い 高い
スペースの自由度 高い 低い
診療圏 地域住民が交流 広範囲傾向
経営計画 立てやすい 複数のシミュレーション要
開業資金 多額(改築費用) 軽量(保証金)
借入金 容易(自宅を担保) やや困難(担保不動産があれば別)
集患 先生の努力次第 立地、階数、テナントにより左右
準備期間 長い 短い
税金 自宅と診療所部分に按分 家賃は経費処理
駐車場 確保に制限 確保しやすい

医療モールのメリット・デメリット

メリット

  1. 共有部分(駐車場など)をシェアすることにより開業コストを抑えることができます。
  2. 医院を複数で運営することで知名度アップ・増患効果が高まります。また、患者にとっては利便性の向上につながります。
    • 同一フロアで複数の診療料を受診できるため、時間を有効に使える。
  3. 施設に統一感がうまれ、グレードアップにつながります。

デメリット

  1. 責任の所在の不明確化
    例)高額な医療機器を診療時間で共通利用した場合の防災上、保安上の安全確保に関する責任。
  2. 医師間の人間関係の軋轢が発生する可能性がある。
  3. 診療方法の統一(休診日、開院時間等)、診療連携等の擦り合せが必要。

※定期的に情報交換を行うなどして、意思疎通の円滑化、診療モール全体の集患を心掛ける必要があります。

[an error occurred while processing this directive]

お問い合わせ・お申し込み

MyKomon クリニック経営に役立つ情報が満載!

MMPGについて

このページの先頭へ戻る