「デンタルトピックス」は歯科医院を対象にしたデンタル関係の最新情報をご提供いたします。

医療経営ナビ


お問い合わせ・お申し込み サイトマップ

京都四条烏丸の交通至便な税理士事務所 アイネックス株式会社・川端会計事務所

「事業立地」から考えた、これからの歯科医療(提供:MMPG)

(提供:MMPG)

「事業立地」から考えた、これからの歯科医療 

 

 

くれぐれも「歯科治療」を目的にしない

しっかり頑張っているような時に限って、目的と手段を履き違えてしまうようなところがあります。「悪い歯を削ること」「悪い歯を詰めること」は、決して私たち歯科医療人の「目的」ではなかったはずです。

人間が存在している本当の理由は「人々、社会にとって役に立つこと」だと信じています。だとするならば、医療人の目的は「人々に健康で幸せな人生を提供すること、お手伝いをすること」のはずです。そのために、時にむし歯で困っている人が居れば「歯を削り」「歯を詰める」それだけのことです。それらは手段だったはずです。しかし毎日毎日、"悪くなった歯を治して欲しい"と言う患者さん達が押し寄せるという職場環境を経験すると、いつしか自分たちの目的は「悪くなった歯を治すこと」だと勘違いしてしまう人が現れます。

 

そうなると悲しいことが起こるのです。どこかで「不幸な人」を待望する心が芽生えてしまいます。「患者減ったなあ!」と嘆いている歯医者さんがチラホラ見受けられると方々から耳にしますが、それは極めて悲しいことです。よく雑誌などの紙面を飾る「増患対策!」などと言う言葉にも、甚だ矛盾を感じてしまいます。「患者」という言葉は「患った人」と書きます。「患者が増える」ことは、私たち医療人にとって最も頭を悩ませるべき問題であって、喜ばしいことではないはずなのに。世の中から「患者」がいなくなることを目指すのが本来の医療の目的だったはずなのに。

 

そんな当たり前の矛盾や、現実への疑問から私たちCHP研究会の診療スタイルは生まれました。私たちは「患者さん」だけをターゲットにする歯科医療から、いち早く脱却できたのだと確信しています。そして、それが本当の歯科医療の姿だったはずなのです。つまりは、「目的」を冷静に見直しただけの話です。

 

人々の健康と幸せをサポートする医療へ

では、事業立地と言う考え方で整理してみましょう。これまでの歯科医療は、「歯でお困りの方に」(誰に対して価値を与えるか)「歯で困った時に」(いつ、価値を与えるか)「歯の治療を」(どんな価値を与えるか)提供することをもっぱらの仕事としていました。これでは、歯科医院は「不幸な人」が集まる場所にしか成り得ません。「行きたくないところ」と世の中の人から思われるのももっともです。しかし、私たちの歯科医療は「すべての市民に」「いつでも」「健康と幸せをサポートする」仕事に変化させたのですから、これぞコペルニクス的転回で、180°考えが変わりました。やり方、あり方が変わったのです。

 

来院された方々にこんな例え話を好んで使っています。「今までの歯医者さんは、『修理工場』『板金工場』だったんですよ。車をぶつけて壊した時にだけお世話になりますよね。しかも、そこへ行く時は重い気持ちですよね。ウチの医院は違いますよ。カーピカランドとオートバックスが一緒になったような場所なんです。もちろん、修理工場も小さく併設していますけどね!」「今回の修理が終わったら、カーピカランドに来る笑顔のお客さんになってくださいね!」 

 

「不幸になってしまった人」と「不幸になりたくない人」「幸せでいたい人」とでは、どちらが多いか考えてみてください。実に簡単な質問だと思います。また次に、「旧来型の歯科医療」と「これからの歯科医療」とでは、どちらが事業立地として多くの人々に貢献することができる仕事か、そしてその仕事の質が提供する側の私たちの精神衛生に好影響を与えるのはどちらか?を考えてみてください。

 

一度、「歯科医師になろう!」と志した時の純粋な想いに立ち返ってみて頂くと、歯科医院そのものの「あり方」や「事業立地」を見直すヒントになるのではないでしょうか。

 

 

会社設立をお考えの方はこちら

人事労務のご相談はこちら

確定申告のご相談はこちら

 

 

 

医療経営ナビトップ > デンタルトピックス > 「事業立地」から考えた、これからの歯科医療(提供:MMPG)

このページの先頭へ戻る